動かせない理由がある

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

バイクの処分は早めの選択がよりお得となっていますが、趣味的要素が強く、思い入れもそれに合わせ強いので、分かってはいても早めに処分する決断はつかなくて当然といえるでしょう。確かにコンディションの良い状態で売ってしまうほうが高く売れ、その後にかかる費用も合わせると金銭的には賢い選択なのですが、バイク乗りにとっては理屈ではないのです。

様々な理由でバイクに乗れなくなっても、その理由が無くなりさえすれば再びバイクに乗れる。そのとき新しいバイクを手にするのではなく、今乗っているバイクであるというのは、バイク乗りとしては当然のことなのです。ですが主にバイクに乗っているときは、独身であることが多く、結婚や出産、子供にかかる費用などを考えるとなかなか再開することができなくなるのは当然の流れです。そうしていると動いていたバイクが動かなくなる。ある意味バイク乗りの定めかもしれません。

動かなくなったバイクの原因は多岐にわたり、原因は一つではないかもしれません。バッテリーだけが原因かもしれませんし、エンジン内部に原因があるかもしれません。動かしていない時間が経ちすぎているバイクは内部が錆びついてしまっている可能性がありますので、無理に動かしてはいけません。

Published by 管理者